泌尿器科に勤務する看護師の独り言

看護師の独り言

カンジダ、トリコモナスなど細菌性膣炎はこれさえ守れば悩まなくてすみますよ!

数年前に比べカンジダや細菌性膣炎、トリコモナスの患者さんが多くなって来たなって感じます。
診察してもらっている患者さんのお話を横から聞いていると共通する傾向があるみたいです。
疲れていらっしゃる方が多いです。
風邪を引いたりして抗生物質を飲んだ後、発症した方が多いです。


「仕事で毎日忙しくてなかなか病院に来れなかった」
「最近ストレス気味で良く眠れていない」
「風邪を引きいて病院に行って薬を処方してもらいました」
などなどおっしゃる方が多いですね。


私の勤めている病院では先生の手前上、看護師の私からは発言できないのですが
実は私が実践している、自宅でできるカンジダやトリコモナスなど
細菌性膣炎対策法があるのでご紹介します。

対策は至ってシンプルです

デーデルライン桿菌(かんきん)という乳酸菌を常に摂取していれば
まずカンジダやトリコモナスなど細菌性膣炎にはかかりません。

デリケートゾーンの嫌な臭いも無くなります。


患者さんの中には中途半端に「乳酸菌」が
カンジタやトリコモナスなど細菌性膣炎に効くことを知っていて、
ヨーグルトをデリケートゾーンに塗る人が居ますが間違えです。
乳酸菌の種類が異なります。衛生上も危険です。


それと膣内を清潔にしないといけないと思い洗いすぎたり、
ウォシュレットで洗いすぎたりする方がいらっしゃいますが逆効果です。
どんなに彼から「ちゃんと洗え」と言われても洗いすぎないようにしましょう。
本当に最近よくわからないで、いい加減な要求をする男どもを見て腹立たしくなることがあります。(怒)

女性の独り言

デーデルライン桿菌が大切なんて知らなかった・・・。

デーデルライン桿菌が超重要

早速ですがなぜデーデルライン桿菌(乳酸菌)が細菌性膣炎から守ってくれるのか
ここからご説明します。


その理由が判ると、ウォシュレットの使いすぎがなぜいけないかも理解できます。
変な要求をする彼にちゃんと説明できるようになります。


健康な膣内は「酸性」です。
膣内が酸性の状態ではカンジタ菌など細菌は生きていくことができません。
膣内を酸性に保ってくれているのが「デーデルライン桿菌(かんきん)」という特殊な乳酸菌です。
疲れていたり、寝不足で免疫力が落ちてしまっているいると
膣内のデーデルライン桿菌(かんきん)は死んでしまいます。


するとそれまで「酸性」に保たれていた膣内は「アルカリ性」になってしまいます。
カンジダ菌など細菌は膣内がアルカリ性になると一気に侵入してきて増殖を始めます。
これがカンジダやトリコモナスなど細菌性膣炎の発症原因です。


風邪を引いて抗生物質を飲んで風邪の菌を殺しますが、
デーデルライン桿菌(かんきん)も殺してしまいます。
抗生物質を飲んだ後カンジダや細菌性膣炎になるのはこれが原因です。


ウォシュレットや膣洗浄を過剰にすると膣内のデーデルライン桿菌が流れ出てしまい膣内はアルカリ性になってしまいます。


デーデルライン桿菌が女性の膣内を守っている重要な乳酸菌であることお判りいただけましたでしょうか?


泌尿器科は病院なので抗生物質を処方し、デーデルライン桿菌などのサプリメントは処方しませんが、
私は個人的にデーデルライン桿菌の乳酸菌を日頃から飲んでいます。
仕事をしながらこのことを患者さんに伝えたいと日々思っていましたが仕事上言えなくてモヤモヤしていました。


最後にデーデルライン桿菌を摂取していても抗生物質、寝不足、非衛生的な行為、ストレスなどが重なりカンジダが発症してしまう場合がたまにあります。


その時はカプリル酸、レイシ、オレガノ、ワームウッド、アニスなどのハーブを配合したサプリメントを一緒に併用すると数日でカンジダの症状を抑えることができます。


デーデルライン桿菌のサプリメントも最近では日本でも販売させるようになりました。是非お試しあれ!

ページの先頭へ