なかなか治らないおりものの臭いやムズムズ感。。。。
カンジタの慢性化
いつまも続くモヤモヤ感
気がおかしくなりそうになっている方も多いと思います。

そんな方に実は私が今まで実践している対策方法をお教えします。

女性のデリケートゾーンを健康に保ってくれる乳酸菌
デーデルライン桿菌ってご存知ですか?

膣の中に存在している特殊な乳酸菌です。
デーデルライン桿菌は膣内を強い酸性に保ち、バイ菌や細菌などからデリケートゾーンを守ってくれています。
カンジダ菌や細菌は酸性の環境下では死んでしまい、増殖する事ができないのです。

ところが膣内のデーデルライン桿菌が少なくなると、膣内は一気にアルカリ性になってしまいます。
するとアルカリ性の環境を好むカンジダ菌や細菌はどんどん増殖してしまいます。

オリモノの臭い
これらはデリケートゾーンでカンジタ菌やバイ菌が増殖して発生した「腐敗臭」です。
オリモノの臭いが気になる時は、デーデルライン桿菌が不足している可能性があります。

そんな時は、決して放っておかない様に注意してください。
なぜなら 外部から膣内に細菌が侵入しやすくなっているからです。

細菌性膣炎はデーデルライン桿菌が不足した時に発症します。
言い換えると
デーデルライン桿菌がしっかり有れば、細菌性膣炎やカンジタ膣炎は発症しません。

とても頼もしいデーデルライン桿菌なのですが、ちょっとした事ですぐに死んでしまいます。

デーデルライン桿菌が少なくなってしまう時はどんな時?

一番の原因は抗生物質です。

風邪などで病院に行って抗生物質を処方された後、カンジタ膣炎を発症した方多いと思います。
原因は、抗生物質によりデーデルライン桿菌も死んでしまったからです。

抗生物質は悪い菌を殺しますが、デーデルライン桿菌という良い菌も一緒に殺してしまいます。

いつまでも続くイライラの原因は抗生物質や処方される薬が原因の場合が多いです。

その他、
寝不足、ストレス、過労、生理でも
デーデルライン桿菌は死んでしまいます。

さらに
加齢やホルモンバランスの変化
デーデルライン桿菌の量が減る原因です。
更年期の時期に、オリモノの臭いで悩む方も結構いらっしゃいます。

どうしたらデーデルライン桿菌を増やす事ができるのでしょう。

デーデルライン桿菌は乳酸菌の一種です。
ですが。。。。。
ヨーグルト塗ったりはNGです。

乳酸菌の種類が違いますし、非衛生的です。

デーデルライン桿菌の乳酸菌サプリが有ります。
こちらのフェミプロバイオです。

フェミプロバイオ

今のところデーデルライン桿菌の乳酸菌は市場にはこのメーカー一社です。
私はこれを飲み始めてから一度もカンジダなどデリケートゾーンで悩まされる事が無くなりました。

このメーカーはドクターズチョイスという会社です。
あまり有名ではありませんが、かなり高品質のサプリメントを作っています。
効果が感じられなかったら全額返金保証もしてくれるので安心ですね。

ちなみにすでにカンジタ膣炎になってしまっている方は、フェミプロバイオを飲むのも良いですが
こちらのメーカーが開発したカンジタクリアスーパーがおすすめです。

実はカンジタはハーブの力で死滅させる事ができます。

 

まず大前提として、カンジタ治療中は炭水化物、砂糖、グルテンを避けましょう。
こういったものを食べてしまうと、体内のカンジタ菌にエサをやることになってしまいます。

カンジタ菌を追い出す食べ物は、
ニンニク、レモン、パセリなどです。

デーデルライン桿菌 デーデルライン桿菌

積極的に食事に取り入れましょう。

デーデルライン桿菌 デーデルライン桿菌

カンジダ菌を死滅させる成分が有ります。
カプリル酸です。

カプリル酸

なかなかこれらのハーブや成分を摂るのは難しい方は
ドクターズチョイスのカンジダクリアスーパーというサプリがおすすめです

カンジダクリアスーパー

上記のハーブやカプリル酸が配合されているサプリです。

その他カンジタ菌を殺すオイル

ティーツリーオイル

ティーツリーオイル

ただしアロマオイルのティーツリーオイルを直接デリケートゾーンに塗るのはNGです。
強すぎます。
ティーツリーオイル配合のクリームが有ります

ココナッツオイル

ココナッツオイル

ココナッツオイルにはカンジタ菌を含む複数種の微生物と戦うラウリン酸やカプリル酸といった成分が含まれています。
ココナッツオイルを直接、性器に塗り、数分間そのままにしてから、洗い流します。
1日に3〜4回できるとよいでしょう。

ページの先頭へ