なかなか治らないおりものの臭いやムズムズ感。。。。
カンジタの慢性化
いつまも続くモヤモヤ感
気がおかしくなりそうになっている方も多いと思います。

そんな方に実は私が今まで実践している対策方法をお教えします。

治療方法をご説明する前に、なぜカンジダなどの症状が治らないのか?
なぜ再発を繰り返すのか?についてお教えします。

女性のデリケートゾーンを健康に保ってくれる乳酸菌
デーデルライン桿菌ってご存知ですか?

膣の中に常在している特殊な乳酸菌です。
この乳酸菌によって膣内は強い酸性に保たれ、細菌感染を防いでくれます。
カンジダ菌や細菌は酸性の状態では死んでしまい増殖する事ができません

ところが
抗生物質を処方されたり、寝不足、ストレス、過労、生理などでこのデーデルライン桿菌が死滅したり、少なくなってしまう事が頻繁に起こります。

すると、それまで強い酸性状態にあった膣内はアルカリ性に傾きます。
細菌やカンジダ菌か好む環境です。

膣内に細菌やカンジダ菌などが侵入しはじめ、増殖し
いつもと異なるオリモノの臭いや痒みなどという症状が現れます。

病院に行くと、オキシコナゾールなどという薬を処方された方も多いと思います。
これが効く方と効かない方がいらっしゃいます。
また抗生物質を処方される場合もあります。

抗生物質一旦は良くなるのですが、すぐに再発してしまう方が多いです。
その理由は、カンジダ菌や細菌は確かに死滅するのですが、同時にデーデルライン桿菌も死滅してしまうからです。

つまり
膣内にデーデルライン桿菌がしっかり無ければいくら薬を処方されてもすぐに再発してしまうのです。
これがいつまでも続くイライラの原因です。

まずはデーデルライン桿菌をしっかり有る環境を作れば、細菌やカンジダ菌は繁殖できず
貴女のデリケートゾーンは常に健康
です。

ではデーデルライン桿菌を増やすにはどうしたら良いのでしょうか?

ヨーグルト塗ったりはNGです。
乳酸菌の種類が違いますし、非衛生的です。

デーデルライン桿菌の乳酸菌サプリが有ります。
こちらのフェミプロバイオです。

フェミプロバイオ

今のところデーデルライン桿菌の乳酸菌は市場にはこのメーカー一社です。
私はこれを飲み始めてから一度もカンジダなどデリケートゾーンで悩まされる事が無くなりました。

デーデルライン桿菌

デーデルライン桿菌

デリケートゾーンの痒みにはティーツリーオイルかココナッツオイル

ティーツリーオイルはカンジダ菌等の真菌や細菌、ウイルスを殺します。

ティーツリーオイル

ただしアロマオイルのティーツリーオイルを直接塗るのはNGです。
強すぎます。
ティーツリーオイル配合のクリームが有ります
ファンガクリームがおすすめです。

もしくは手軽なのはココナッツオイル

ココナッツオイル

ココナッツオイルにはカンジタ菌を含む複数種の微生物と戦うラウリン酸やカプリル酸といった成分が含まれています。
ココナッツオイルを直接、性器に塗り、数分間そのままにしてから、洗い流します。
1日に3〜4回できるとよいでしょう。

カンジダを再発しやすい人と言うのは真菌(カビ)が体内に普通の人より多く存在しています
体内のカビは「疲労」「イライラ」など様々な症状の原因でもあります
カンジタクリア スーパーで体内のカビを常に除去するか、以下のお茶を日ごろから飲むようにすると良いです。

お茶

お茶

過度な膣洗浄はNG

膣内を清潔にしないといけないと思い洗いすぎたり、
ウォシュレットで洗いすぎたりする方がいらっしゃいますが逆効果です。
どんなに彼から「ちゃんと洗え」と言われても洗いすぎないようにしましょう。
本当に最近よくわからないで、いい加減な要求をする男どもを見て腹立たしくなることがあります。(怒)
洗いすぎはデーデルライン桿菌を洗い流してしまうから絶対NGです。

どうしても洗いたい方は普通の石鹸ではなくこちらのティーツリーオイル配合のソープがおすすめです
ファンガソープEX

クランジンプラスクランジンプラス

クランジンプラスクランジンプラス

ページの先頭へ